人間というのは誰しもいつかは死んでいくものですが、家族の死というのは病状などである程度予想できていたとしても、ショックの大きいものですよね。
しかし、現実は家族を失った悲しみにじっくり向き合っていられる時間を与えてくれません。
家族が亡くなったその日のうちに、通夜や葬儀の準備に取り掛からなければなりません。
葬儀を終えるまでの日々は本当に慌ただしいもので、悲しい気持ちに浸っていられる暇はほとんどありません。
葬儀を終えて、一段落した頃に取り掛からなければならないのが香典返しです。
故人へのお悔やみとしていただいた香典に対して、お返しをするのが日本での一般的な習わしとなっています。
香典返しにはどんなものを選べばいいのか?
どれくらいの時期にお返しすればいいのか?
香典返しの基本についてご紹介していきたいと思います。

香典はお金を包むことが多いですが、花を贈ってお悔やみとすることもできます。
遠方に住んでいて葬儀に出席できない場合、お悔やみ用のフラワーギフトを事前に贈っておくこととよいですよ。
また、葬儀が終わってから訃報を知った人など、日も経っているし今更お金を包むのはちょっと・・・という人も、フラワーギフトなら時期に関係なく贈ることができます。
時期によって選ぶべき花の種類なども変わって来ますので、フラワーギフトを扱っている店舗で相談してみるとよいですよ。

香典返しに選びたいギフトや、お悔やみに利用できるフラワーギフトについて紹介していきたいと思います。

情報サイトへ

大阪の人気なフラワー教室といえば/ROSE'RIE
香典返しを何にするか迷ったら:CONCENT(コンセント)
フラワーギフト、プリザーブドフラワーのことなら|花香房COCO

カテゴリー

  • カテゴリーなし